あぶない刑事を支えるのは主要な登場人物だけではありません。捜査課や少年課に所属する、他のメンバーたちがあってこそのドラマなのです。

そこで、ここでは準レギュラーメンバーを紹介していきます。どんなキャラが出てくるのか、演じているのは誰なのかをチェックして、劇中で探してみてくださいね。

捜査課のメンバー

捜査課のメンバーとしては、主に3人が登場していました。

秋山武史演じる吉田春彦、通称ハルさん

強面でありながらも物腰は柔らかい人物です。実家が医者と葬儀屋で、港署内では資産家としても知られています。

演じたのは秋山武史さん。

「あぶない刑事フォーエバーTV」に出演しましたが、当時秋山さんは病気になっていて、「あぶない刑事フォーエバーTHE MOVIE」には出られず、残念ながらそのままお亡くなりになってしまいました。

衣笠健二演じる谷村進、通称筋肉

鍛え上げた筋肉を披露する場面があり、その体を生かしたネタも持っています。基本的に、ハルさんとコンビを組んでいることが多いです。

「行くぞ筋肉」

などとユージからいじられたりして

「怒るよ~」

なんてギャグ?を言い放ったりもします。

その後衣笠さんは健二から拳次と改名し、さまざま俳優や舞台などでも活躍されています。

関口知宏演じる虎井祐輔、通称トラ

階級はわかりませんが、「あぶない刑事リターンズ」に登場する新米刑事です。

トオルとコンビを組むことが多く、ナンパに付き合ったりしていましたね。

少年課のメンバー

初期からあぶない刑事に登場している鈴江と、「まだまだあぶない刑事」に登場する結城についてチェックしてみましょう。

御木裕演じる鈴江秀夫

第1作から登場し、捜査課との捜査時には前線に立っています。

タカやユージによって厄介なことに巻き込まれつつ、口の軽さが事件の解決につながるなどして活躍する場面も。

水川あさみ演じる結城梨沙

「まだまだあぶない刑事」に登場したのは、捜査課の巡査である結城梨沙です。

仕事中なのにキャンディを舐めていたり、ファッション雑誌を机に置いていたりと、あの破天荒なカオルが注意するほど?不真面目な様子が見られます。

ある意味カオルの昔の姿のような・・・?

ひとみちゃん

シリーズを通して登場する大切な人物の1人がひとみちゃんです。彼女は、当初少ししか出番のない脇役の中の脇役的存在でしたが、徐々に出番が増え、いなくてはならない重要な人物になっていきました。

はじめはユージに恋心を抱いているという設定がありましたが、のちにそのような描写はなくなっています。しかし、「まだまだあぶない刑事」ではユージに再会したことを喜んで涙を流しているため、まだ好意はあったのでは?と推測されますね。

近藤課長には、「ひとみちゃん、お茶」といわれる場面が印象的です。ユージのおつかいをしたり、犯人に人質として捉えられたりと大変な思いもしてきたキャラでもあります。

ひとみちゃんを演じているのは、あぶない刑事シリーズの監督である長谷部安春の娘、長谷部香苗さんです。最近では、2016年に「地味にスゴイ!校閲ガール」で岩崎春江役を演じています。