タカとユージの親友として登場するのが真山薫です。当初の年齢は23歳。少年課の中でも優秀な若手で、おてんばな性格をしています。捜査課に応援で駆けつけることもありましたが、その後だんだんとそのようなシーンはなくなっていきました。

なぜか、テレビシリーズのラストにアップショットが毎回使用されています。「あぶない刑事といえば最後は必ずカオルだよね」というのがファンの中では常識なのです。

カオルも銃を所持していますが、衣装に合わせて忍ばせるところはさまざま。バッグに入れていたり、ストッキングにはさんでいたりしていて、ホルスターを使用しないのが特徴的です。

捜査課に異動したいと考えたり、ラーメン屋になろうとしたりと将来について考えを巡らせますが、最終的には松村課長の後を引き継ぐ形で少年課の課長に昇進する道を選びました。「さらばあぶない刑事」では重要物保管所所長になっていますね。

劇場版ではコスプレ担当とも呼ばれるほど、毎回コスプレを披露していました。あぶない刑事では、熱血なコンビ刑事や事件解決までのアクションシーンだけでなく、カオルの面白く和むシーンも見ものです。

さて、カオルを演じてる女優ですが、超人気ドラマ「101回目のプロポーズ」で主演を務めた浅野温子さんです。迫力ある演技もこなすベテラン女優ですね。あぶない刑事の初期から「さらばあぶない刑事」まで観れば、浅野温子さんの演技の変化なんかもわかるかもしれませんね。