「あぶない刑事リターンズ」から登場したのは深町新三です。近藤課長の後任として着任したのですが、もともとは県警本部にいました。「まだまだあぶない刑事」になると県警本部に戻り、本部長(警視監)に昇進しています。

頭でっかちなところがあり、融通が利きません。しかし、実際はタカやユージよりも無鉄砲な一面も持っており、一度キレたら手の付けようがない性格なのです。

近藤課長のイメージが強く、はじめは深町課長を受け入れられない人も少なくなかったのではないでしょうか?なぜなら、着任したばかりの頃はタカやユージに対して嫌悪感を抱いている様子がうかがえたからです。

しかし、次第に2人を信頼するようになり、近藤課長のような役回りになりました。また、タカとユージが無事に定年退職できるよう、捜査をさせないよう町田透(のちの課長)に厳しく命令したという設定も…。「2人の無茶な行動が殉職につながるのでは?」と、とても心配していたのでしょうね。

そんな深町課長を演じたのは、小林稔侍さんです。数々の作品に出演していましたが、長い間脇役ばかりで大きな役は回ってこなかったといいます。そんな小林さんが注目されたのは、NHKの朝ドラに出演したのがきっかけでした。演じたのは主人公の父親役。下積み時代が長かったこともあり、演技力は抜群です。